FC2ブログ

記事一覧

寺津のつっこみ老人

寺津町内のデイサービスへ3人で出前落語をしました。
梅雨が明けたかと思うくらいの暑い日でしたが、室内は涼しく快適そのもの。
いつもと違ってテーブルが隅に片づけられてみなさん、椅子にお行儀よく「さあ聴くよっ」って感じです。

「大須から来たのか?どっから来たんじゃ」と元気のいいお爺ちゃんの声。
開口の宿六さんが「大須じゃないよぉ~」なんていいながら落語を開始してネタは最近お馴染みの『のっぺらぼう』

※宿六さんの『のっぺらぼう』とかけて・・「おかあちゃんパンツ破れた」と説く・・そのここは「またかい」(ゴメン)

続いて京家あい愛さんネタは「お菊の皿」
「一枚ぃ、コンコン。二枚ぃ」とやっていると
「幽霊が風邪ひくかや」
オチに向かって「九枚ぃ・・・十枚、十一枚・・・」
「数えすぎだぁ~」とまたまたあのお爺ちゃんのつっこみが入る。
(ちゃんと話を聴いて理解している)

駄らく、まくらでそばを手繰って「なにやってるところですか?」
「タバコを吸ってる、キセルだ」と全然違うことを言ってつっこんでくる。

真田小僧で「白い服を着たサングラスをかけた男の人が訪ねてきたんだよ、おっかさん」(わたしはステッキを持ってと言うとわかってしまいそうなので敢えてステッキは言わないことにしている)と言ったら
「あんまさんだな、そりゃあ」と。(おいおいおれを言っちゃあお終いだぜ)
「誰だ金坊、教えろ・・」
「それ言うの辛いなあ・・・」とやったら
「あんまさんだわ、あんまさん」と。

噺が終わってからそのお爺ちゃんに「この話知ってるんですか?」って突っ込んだら「知らん」と言われた。

あんまさんだとわかるようなわたしの喋りがまずかったのかもしれないと帰ってから反省した次第だが、このつっこみ爺ちゃんはただものではないのかも。
つっこみは、これだけじゃないんですから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏亭駄らく

Author:黄昏亭駄らく
FC2ブログへようこそ!
西三河を中心に、社会人落語家として落語をやっています。
昭和28年生まれ、西尾市在住。

落語会、イベントのアトラクション、敬老会などの高齢者向け落語、福祉施設へ訪問などで『出前落語(落語の出張サービス)』をします。

座布団・毛氈・出囃子など落語の道具を持って伺います。落語と一緒に高座の雰囲気も楽しんでもらえます。

【主な活動・・お寺の落語会・落語勉強会・高齢者教室・縁日の寄席・総会,敬老会、地域の福祉施設でのボランティア落語など・・年間100回以上高座に上がっています】

2014年から2018年:安城市の各公民館主催高齢者教室出演         2017年:西尾市法人会で落語の講演と実演
西尾市老人会連合会で落語の講演と実演
外国人日本語学校で落語の実演

2017年、2018年 全国社会人落語日本一大会へ出場(大阪池田市で開催)  

2016年:知立市落語講座・安城市落語講座                  2015年:みよし市落語講座・名古屋市港区子ども落語講座・西尾市落語講座   

落語の依頼もお待ちしております。
素人ですが、落語仲間もいますので人数や時間、費用などは相談に応じます。
連絡先 090-7673-8541
Eメール dream4m2a@yahoo.co.jp

カテゴリ